酔狂なもんですわ

ポジティブすぎず、ネガティブすぎず

フィルムを使って写真を撮る

f:id:cameracrazyjp:20170706200551j:plain

 

いま、あえてフィルムで写真を撮ろうと思い立ったのはおとといのこと。

なんでかというと、

 

フィルムの写真は味があっていい、とか言う前向きな理由ではなく、デジタルカメラで撮った過去の写真を見直すのがとても面倒臭いというとっても後ろ向きな理由からだ。先日も記憶の片隅にある古い写真を探そうとしたら、どの外付けハードディスクのどのフォルダーに入っているかを探すところから始めなくてはいけなくて、結局見つけきれなかったのだ。

単にモノグサな性格が災いしてPCに取り込んだ時にフォルダー分けとかタグ付けとかきちんとしていないのが原因だから誰にも文句を言えないのが辛い。

 

反面、フィルムで撮った写真はプリントなり、コンタクトシートなりを作っておけばそれさえ見つければ何とかなる。ポジフィルムだって年代や地域ごとに分けておけばビューワーに広げてみれば全体が把握できるじゃないか。これはとってもだ。

ま、その他にも冷蔵庫の場所を占拠しているフィルムを減らしたいとかいろんな理由があるのも事実。ぼくがフィルムをバンバン使っていた頃から比べるとずいぶんと種類が減ってしまったけど、それでもまだフィルムは残っている。ただ、この先いつまでも残っているのかな?と思うといささか心もとない気もする。だったら今のうちにフィルムを楽しんでおこう、というのもある。

ということで、フィルムを使った写真の話をメインにしながら、あれやこれやと写真について思うことを描いてみようと思う。

いったいいつまで続くことやら。